一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

野菜のり巻き7日目 主菜に重ね煮とモツ煮を加えた2017年6月2日の振り返り

time 2017/06/02

野菜のり巻き7日目 主菜に重ね煮とモツ煮を加えた2017年6月2日の振り返り

2017年6月2日の食事の振り返りをしました。
何を食べたいというより基本的には冷蔵庫の在庫処理です。
今回は玉ねぎとモツの処理を行いました。


カブの葉、キウイ、ミニトマト、バナナ。


赤・白・緑のコントラスト。見た目がそれっぽい。
のり巻きはいつでも作れるのがいいですね。


・重ね煮(椎茸、玉ねぎ、人参)
・野菜のり巻き
・余った野菜と、近所の総菜屋で買ったコロッケ

重ね煮の作り方はここ。椎茸と玉ねぎと人参を用意すればできる。
2017年5月28日のテーマ:兎角、目に見えるものを綺麗に!

ひたすら味のついてるトマトやキウイなどが乗っかってるのり巻き。
味噌とのコラボが本当にイイネ。
もうアメリカ人がハンバーガー食べるのと似たような感覚ではないだろうか??
コロッケおいしい。


↑夜ごはん
八百屋に「あまなが」というあまり聞いたことない食材があったので試してみました。
見た感じピーマンとかと同じトウガラシ科?のようですが。
ピーマンとトウガラシを足して2で割った感じかな・・


↑カブとあまながを切る。あまながが本当にピーマンにしか見えない・・


↑バナナ、ニンニク、あまなが、カブ、カブの葉っぱ。
味噌は豆板醤とXO醬を足して見た。


↑重ね煮(椎茸、玉ねぎ、にんじん)の余りを流用してもつ鍋に。
のり巻き作りで余った野菜やキャベツの硬い芯も煮込めて一石二鳥。


↑完成。


↑あまながは生で食べるぶんにはピーマンとあまり変わらない使い勝手。
カブの使い勝手が良すぎる。生で食べてよし、葉っぱもこうして使えるし。
案外、ニンニクがあっても問題ないのり巻き。

sponsored link



sponsored link