一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

ヴァイスの二面性に共感していた・発売から15年以上経つタクティクスオウガをずっと遊び続けた理由

time 2017/05/12

ヴァイスの二面性に共感していた・発売から15年以上経つタクティクスオウガをずっと遊び続けた理由

ヴァイスの二面性に共感していた・発売から15年以上経つタクティクスオウガをずっと遊び続けた理由

ぼくが1995年10月6日の発売当初からずっと遊んでたゲームがある
「タクティクスオウガ」という名前のゲーム

システムが面白いと思ったからやり続けてるというのもあるが
魅力を感じているキャラクターがいたからだと思う
主人公の親友であるヴァイス・ボゼッグの存在だと思う
彼の二面性が凄く人間臭かったから

「俺をバカにしやがって」「俺はおまえが羨ましかった」というところから出てくるコンプレックス

主人公のデニムに対してコンプレックス丸出しのカオスルートのヴァイス
逆にコンプレックスを乗り越えて主人公を支えるロウルートのヴァイス
ぼくが思うにヴァイスと自分が重なるところがあるところに
魅力を感じたんだと思う
屈折した人間性に見えるかもしれないが

人として未熟な部分を残したままのヴァイスと
それを乗り越えて成長したヴァイス

そこにただならぬ魅力を感じていた

なぜならぼくもコンプレックス丸出しで動いていたという経緯があるし
そんなコンプレックスは馬鹿馬鹿しいと思うようになって乗り越えて動いていることもあるから

sponsored link



sponsored link