一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

食べるのが当たり前という考え方と乖離が際立つ 〜ファスティング21日間 断食編 14日目〜

time 2017/04/06

食べるのが当たり前という考え方と乖離が際立つ 〜ファスティング21日間 断食編 14日目〜

こんばんわ。

今更ですが、ファスティングしてどんな感覚ですか?ってきかれても
なんて言っていいかすっごっく答えづらい・・・
食べないことに慣れちゃったもので。

そして14日目。残すとこあと1週間か。早いですね。

sponsored link

今日の体調


花粉症は依然問題なし。
特別気分がすぐれないとかもない。

空腹感はあるかもしれませんが、体調含め全体的に
普通に食べてて過ごしてた時期とそんな変わらないですね。
風邪をひいたりする予兆とかもないし。

むしろ食べないからこそ
体調崩すリスクの方が少ないのかも。

重い荷物持って歩いたり走ったりして疲労が溜まるくらいです。
それっていつも通りか。

今日の心境

食事とかに時間を使わなくてもよくなったぶん、
より健康について目を向けられるようになりました。

今回のファスティングで言えば睡魔の件とか。

どうやって改善するか?ということに頭を回転させられるようになりました。

つねづね、健康という土台がありきだよなぁと思わされるばかりです。

あとがき この体験談をどう伝えていくか??

21日間何も食べないというのを人に話すと
・・・やはり引かれますね。

さすがにほぼ一か月何も食べないというのは
ほとんど常識的には考えられないですからね。
少なくとも、今の日本でそんなことする理由はあんまりないです。

だので、僕のファスティング体験談はあんまり参考にならないかもしれません。

どう書いて、伝えていったらいいものか。うーん困りましたね。
上手い人は、得難い体験とか非日常の体験とかどうやって伝えてるのだろうか?

とはいえ21日間のファスティングをとても良い経験をした、
だけで終わらせるつもりはまったくないです。

sponsored link



sponsored link