一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

思い通りに食材が手に入らないのが世の中だなんて割り切る気は無いから 〜Fの食卓 準備食編 3日目〜

time 2017/03/19

思い通りに食材が手に入らないのが世の中だなんて割り切る気は無いから 〜Fの食卓 準備食編 3日目〜

コンヴァンワ。
蒸し餃子でもやろうかと思って米粉製の餃子の皮探すのを忘れてました。
断食期間に入る前にやりたいと思ってるんですが。
やりたい料理の食材をいつも忘れてしまいます。
僕は現実を知らないただの子供なのだろうか。

思い通りに食材が手に入らないのが世の中なんて思ってませんので
気を取り直して今日も和食、とりわけ発酵食で攻めます。

sponsored link

きょうのひとこと

今日の花粉が強いですね。目と鼻にめっちゃ来ます。
花粉症の要因として粘膜が弱いというのを聞かされて初めて知りました。
ファスティング21日間で治った体験談を聞かされていますが本当だろうか。

昼食にこんにゃくの刺身を取り入れてみた


パターン、やりたいこと的には2日目とほぼ一緒です。
腸内環境の安定化。
・さつま芋と大豆ご飯+醤油麹と納豆
・青柳とこんにゃくの刺身にキャベツ
・味噌汁 具は大根の葉とワカメと椎茸

前回リンク
僕にその手で自炊しろというのか 〜Fの食卓 準備食編 2日目〜


ご飯に対しては炊飯の際に大豆とさつま芋を。タンパク質と食物繊維強化。
そこに納豆を加えさらにタンパク質パワーアップ!と思うが過剰かなこれはさすがに。
醤油麹と納豆の組み合わせが非常にいい!市販のタレ要らず。
買ったほうが早いかもしれませんが自作でもできるんで作り方リンク。
醤油麹と塩麹を作ってみることにしました


こんにゃくとアオヤギの刺し身。これを醤油麹をつけて食べます。
醤油麹はまろみと程よい甘みがあるので納豆のタレとか刺身のタレなどにすごく重宝するのですよ。


具材はほとんど前回と変わらず。
前回と違うのは、昆布+カツオ+煮干でとった一番出汁を使ってることです。
見た目にはわかりづらいですがコクは増しています。

夕食でホタテの炊き込みご飯やらさつまの煮物を作ってみた


一転して加熱系オンリー。結論として塩分が多めかもしれないこれ。
煮物をサラダ系統に変えるとかした方が良かったかもしれない。
・ホタテの炊き込みご飯
・さつま芋の煮物
・塩麹汁 具は大根の葉っぱとワカメとキャベツ


ホタテの炊き込みご飯。だし汁と醤油で味つけてホタテや人参と一緒に炊き込んで出来上がり。
割とうまくいった風なのでまたトライしてみたいテイスト。
ごぼうや生姜があるともう少しピリッとしたかも。醤油の主張が強い。
実は食材的に調理酒やみりんがなかったのでだし汁と醤油のみで
味付けしたのでこれらがあればもっとまろみが出たかもしれない。


肉じゃがと同じ作り方で、違うのはジャガイモでなくさつま芋で、肉がないこと。
ちなみにジャガイモは野菜だから準備食に支障はないはずなので別を入れても問題はない。


塩麹汁。これも出汁を変えただけで大幅に味が上品になった感がある。
出汁については昼に作った味噌汁と同じもの。
具材に関しては先日とそこまで大きな差はない。

あとがき 納豆は夜の方にシフトしてみる

2、3日目と立て続けに昼に食べていますが、夜食べるようにしてみようかと。
納豆は夜食べた方がいいという話があるそうなので。
他のネバネバ系食材、例えばオクラや長芋などと掛け合わせて食べてみるといいかも。
ちょっと実験してみます。

sponsored link



sponsored link