一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

「挑戦者」ではなく「超戦者」と呼ぶ理由。人は生まれながらにして「挑戦者」だったのだ!!

time 2017/03/10

「挑戦者」ではなく「超戦者」と呼ぶ理由。人は生まれながらにして「挑戦者」だったのだ!!

僕はあえて「挑戦者」のことを「超戦者」と呼んでいます。

その訳を書こうと思います。

sponsored link

そもそも論、人は産まれながらにして挑戦者

赤ん坊の頃よぉ〜く思い返してみてください。

もしくは赤ん坊をよぉ〜く観察してみてください。

何か新しいことをやるのに怖がっていたでしょうか。

赤子の頃は恐怖という感情を知らないので

興味を持ったものに対しては遮二無二手をつけたかと思います。

なので人間は生来「挑戦者」であるはずなのです。

あえて「挑戦者」という単語を使う必要がなかった、はずなのです。

環境によって作られて大人になった。

しかしあれもダメこれもダメと周りの人に

あれやこれや貶されて自信を削られてくうちに

挑戦する心から遠ざかっていきました。

そしていつしかあらゆる選択を無難に無難にという道を歩んでしまっているのです。

そう。自分の関わる人だったりコミュニティだったり

環境によって成長していく過程でそういった「否定」が

時としてエネルギーを奪っていくのです。

超戦者とは

何かを超えていかないと真の意味で次のステージにいけない。

かつての自分か。

越えられない何かしらの壁か、マインドブロックか。

超戦者。

いずれにせよ「超戦」とは、読んで字の如く、いわゆる超えるための戦いなのです。

標準のままの自分では神境地を開拓できません。

今の自分を超越し、現状から限界突破をして初めて新しいステージへ行けるのです。

そんな人たちを僕は敬意を評し「超戦者」と呼びます。

カチカチになって固まったプライドをかなぐり捨てて

子供心を思い出して何かに熱中するスーパーヴァカになろう!!!

そんな企画の第一弾として明日の19時から

100個餃子に挑む超戦者たちの集いがあります。

熱い声援をよろしくお願いします!!!

https://www.facebook.com/events/1441382972540169/

餃子超戦関係記事

  • 神楽坂飯店で一時間ジャンボ餃子に挑戦!そして玉砕から「決してできないこともある」ということを学んだ!
  • 100餃子超戦特別応援企画〜覚悟とは・・・ヤケクソの心ではないッ!!餃子の恐怖を乗り越えたファルコン
  • 両極端に動くということ〜ファスティング21日間実施決断とジャンボ餃子挑戦について
  • sponsored link

    

    sponsored link