一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

「出会いが無い」という嘆きについて大まかに二つのパターンがある

time 2016/11/18

「出会いが無い」という嘆きについて大まかに二つのパターンがある
ということを最近思い始めました。
僕もそういう台詞を言っていたのでなんとなしに気づいたことです。

sponsored link

その1 異性がいそうな場所や集まりに行ってない貴方

行ってないからしょうがないよねで終わる話。
今時であれば、普通のお店が合コンとか婚活チックな企画をやっていますので
そういうのに参加するのもありかと思います。

例えばですが私の知り合いのブロガーで「蕎麦コン」なるものに行かれた方がいるので参考になるかと思います。
https://anahideo.com/goukon0524/

その2 行ってはみたものの「しきい値」が高すぎる貴方


老若男女が集まる集まりには行ってるものの、
余りにも人を見極める能力に長けているが故に「(良さそうな人との)出会いが無い」と言っている人。

そういってる、こちらのパターンに該当する知り合いの方がいますが
紹介しようとは微塵も思いませんでした。
だってフィルター強力過ぎるんだもん。

まとめ 何らかの理由で見えてない可能性がある


どっちにしても何らかの理由で心理的盲点(スコトマ)になってて見えてない可能性も考えられます。
その1で行ってない人はもはや行くしかないと思う。
何でもいいから面白そうな集まりに行くだけでも違うと思う。

その2の場合は、今までとは違うアクションを起こしてみると良いのかもしれません。
場所や集まりに行くというアクションはクリアー出来ているので
もう一段階スコトマを外せば見えてくるのではないかという気がしています。
少なくとも場数は踏んでいるわけですから。

あるいは、もうすでに「気になる人」が居るのでは?
もしそうなら内省して正直になった方が良いのではないでしょうか。

あるときそういうのにはたと気づかされるかもしれません。

もしかしたら以下は今回のテーマに繋がるかもしれない。

運命の人診断というものを、命を運ぶとかいて運命というのを思い出したというだけの理由でやってみた。そしたらおもろい結果が出た。

sponsored link



sponsored link