一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

自分のことを短時間で説明するスキルが欲しい ~自分を知らない人に説明するのは難しい~

time 2016/10/23

最近の悩みとして、交流会とかでの自己紹介で

SEに明るくない人に自分の職業説明するということ。

開発系のエンジニアは何と無く想像しやすいが

私のようなインフラエンジニアはなかなか説明しづらいのです。

こうゆうこともあって自己紹介を短時間で要約するスキルが欲しいものだなあと思うものです。

sponsored link

自分の働き方、あり方ってなんだ?

開発系ならゲームの開発とか普段使いしてるシステムの説明だから

そういうのをつくってるといわれると何となく想像がつきやすいですが

インフラ系といわれるとサーバとかセキュリティとか

普段身近にないものですから意識付けがしづらくて結構わかりづらいかなというところです。

また、自分の働いてることが何で、それによって誰にどんな貢献ができるか?

どんな生き方をしたいか?

比喩表現を使ってもいいので端的に明確に伝えたいところです。

逆に自分が他人の話を聞いてみた感想

同じような業種であれば話がある程度できるが

やはり仕事の畑が違うとチンプンカンプンです。

ですが誰にどんな貢献ができるか、

何を目標としてやっているか、どんな生き方をしたいかなどのマインドセットには

ものすごく興味付されます。

自己紹介の場が何の話メインになるのか

発言する場によって話する内容の比率が変わると思います。

仕事の話にしても趣味の話にしても結局は生き方につながってきますね。

そこにはかならずバックボーンがあるわけですから。

おわりに 話す内容が場によって違っても指針は統一しておきたい

その場が仕事の話をするセミナーやワークショップ、

はたまた合コンのような出会いの場でも

仕事か趣味か生き方かどの話がメインになるにしても

結局は一期一会になりうるので自己紹介は必須になります。

人は違うということを前提に入れておいて

ニュアンスがわかりづらそうなところは

常に噛みくだいておくセンスを磨いておきたいですね。

sponsored link



sponsored link