一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

人並みに長く正社員してた僕が、思いつく限り正社員のいいところを挙げてみた。

time 2016/10/24

2016年現在で正社員の立場というのを手放していますが

そこそこ長い期間正社員にいたのでギャップを感じているところがあります。

今回は正社員で良かったことを書いておくことにします。

sponsored link

クレジットカードの審査がすんなり通った。

正社員の特権としてクレジットカードを作りやすいというのは定番の一点。

ちゃんと組織に属して働いているという証明、信用が置かれているからです。

僕の場合少なくとも3年以上は正社員でやっていたためか

電話審査が無くそのままカードの発行まで

順当にイケたというケースがいくつかありました。

同一会社への在籍年数が長いか正社員としての期間が長いというのは信用が高いです。

税金の手続きなど考えなくて済むことが多い。

会社に所属しない個人事業主などは2月の確定申告の時期に向けて

レシートを取っておいたりことあるごとに

収支の記録を付けておかないといけません。

こういった立場になると税金を払うのがこの年一回のみだからです。

対して正社員は毎月の給料から税金分が差し引かれますが

税務処理は基本的に所属している会社がやってくれるようなものなので

確定申告の材料を探したり考えたりせずに済みます。

後は国民保健と年金も月々の給与からの差引を引き替えに、ほぼ自動的に手続されていますね。

会社辞めたタイミングでこれらの保護を受けられなくなります。

フリーランスになると保険に入りなおしたり手間が増えます。

真面目に勤続していれば毎月給料が入る。

毎月給料日とボーナス日になれば確実に給与が支給されます。

決まった日に支給されるというメリットがあります。

たとえ普段居眠りなどの不真面目な態度で仕事に取り組んでいたとしても

タイムカードをきっちり切ってさえいれば給料が入ります。

フリーランスだと締日の関係上

給与が入らない空白の期間もあり得るので立ち回りに工夫がいります。

ローンが組める。

これも鉄板のメリットです。正社員は信用がある立場ですので。

最近は若い20~30代の方でもローンを組んで車や一戸建てを買っているケースも多々あります。

またローンを利用して不動産投資など高い買い物に着手することが出来ます。

その気になれば不労所得を一つ得られるというわけです。

僕はやったこと無いですが。

おわりに 正社員であることのメリットは最大限活用すべき。

独立転向を視野に入れる入れないに関わらず

所属会社が存続している限りは信用と保証が有るのが最大のメリットですのでそれを活かして動いた方が吉です。

将来独立するならそれを利用して準備をするとかがいいでしょう。

sponsored link



sponsored link