一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

TLI振り返り エピローグ 立花塾との導線を思い出す

time 2016/09/26

立花さんのセミナー受講に至るまでの導線を思い出しました。

ブログの講座を受けるにしても

なぜ立花塾にしようとしたのかを。


TLI(ツナゲルライフインテグレーション)についての詳細はこちら

https://nslseminar.doorkeeper.jp/events/42675

sponsored link

最初の導線は著書だった

立花さんの著書、好きなことだけをして食っていくための29の方法をまず読んだのが最初の導線で

その後にメルマガ登録、という流れでした。

サラリーマンだけが知らない好きなことだけをして食っていくための29の方法、レビュー

今年の当初で成功者がSNSとブログを活用しているという話を聞いていたので

ブログの講座をどこで受講しようか吟味していた時です。

著書にあった好きなことだけをして食って行くという在り方に羨望を抱いていました。

そこでこの著書と立花さんのブログの存在を知ったことがブログの講座とTLI受講の導線でした。

経緯は違うが私もダイエットに勤しんでいた

立花さんの過去にもデブだった自分が走ったり食事制限したりして大幅に痩せたという話が著書やブログにもありましたが

自分にも同じ経験がありました。

私はかつて80〜90キロ台の巨漢でした。

それがあることを契機に一年かけて60キロ前後の体重をキープする肉体を得たのです。

両親や同僚からこぞって病気を疑われたわけです。

一部の人を除いては誰も理解できない異常事態でした。

1年で20~30キロ落としたわけですから当然ですよね。

それくらい落とせば当然見た目だけでも別人になります。

他者の理解が追いつくはずもない。

立花さんもサラリーマンを辞めて諸々経た末プロブロガーとして飯を食っているとあります。

似たような経歴があったので自分の成長の後押しにつながると何があると踏んだのは覚えています。

おわりに

立花さんがプロフィールで過去の弱みを見せてくれていたという事が、

私にとっては1つの導線となっています。

私のゴールとしてプロブロガーを目指すというわけではないですが

導線となりえる開示をしようかとは考えています。

弱かった過去を見せてそれをどう改善したか

そのストーリーを伝えることで

自分にも出来るのだなと思ったもらえれば幸いです。

sponsored link



sponsored link