一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

TLI4講目 2日目を振り返って 〜お前はすでに、できている〜

time 2016/09/23

TLI9期もいよいよ最終講。大詰めになってきました。

TLI(ツナゲルライフインテグレーション)についての詳細はこちら
https://nslseminar.doorkeeper.jp/events/42675

前回までのあらすじ
TLI4講目 1日目を振り返って 〜お前には、成功する要素しかない。〜

sponsored link

講座を振り返って

主催の立花さんが以下の様に述べておられていた。

>それは、「これからの時代を切り拓き、自ら新しい価値を発信するリーダーを発掘し、育成する講座」ってこと。
>9期のメンバーたちも、1講ではまったく自覚が顕在化していなかったけど、みんな最終日にはリーダーとなる自覚を身に纏い、
>しなやかで強く、美しく成長していた。
>10期からは、リーダーを育てることにさらにフォーカスして、強くしなやかで美しい講座にしていこうと思った。
>「リーダー」というのは、必ずしも「経営者」とか「管理職」などという、既成概念に囚われた枠組みの中の指導者を指すのではなく、
>これからの時代を率いて立つ、自覚ある人すべてを指す。

正直言って私もリーダーの立ち位置になったことが無いし
他のメンバーもリーダーイヤダって言っているメンバーもいたり
受けていた当初は自覚が弱かったですが、

だんだんそういうのが無くなってきて
情報を発信してなにかを伝えていきたいというメンバーもいたり

要は「自分軸」が最終講の時点で明確化されてきたのです。

講座の無い空白期間にやってきたこと

講座の無い日も毎日の動きを逐次メンバーに
報告するような仕組みづくりが整っていて
報告を受けてほかのメンバーから後押しするような雰囲気が出ていたり

私も他のメンバーが環境を変えるために動いているのが分かっていました。

この報告は毎日行う、ということがとても重要でした。

総括

仕事をやめて自由を得る、というのはあくまで手段に過ぎない。

そのあとの世界の自分は、どうありたいか?が最後の最後で見えてきました。

受講までの間は定年まで働いている人生を想定していましたが
そうはならないだろうなと思えてきました。

sponsored link



sponsored link