一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

PX2マスターの本から教育事情を思う

time 2016/09/08

PX2の勉強をしているのですが改めて親世代の影響が大きいことを思い知らされます。
経験則的なところからなのですが
学校や会社で序列の上下が入れ替わることはあり得ても
子が親の上に行くことはないからです。

sponsored link

夢をかなえるPX2完全マスター

マインドが未来を作り出す。

自分のマインドが未来を作り出す、という項目があり
そこからすると未来に起こり得る結果はなるべくしてなったということになります。

そのため子供のビリーフ形成は改めて親の存在が重要だというのと

子供たちにたいして周りの大人がかけてあげる言葉が
重要かというのを改めて思い知らされます。

セルフトークは基本にして重要

物事の成否にセルフトーク(自身への問いかけ)の影響が大きいことを改めて思い知らされます。
自分のマインドが未来を作り出す、ということから
マインドに影響を与えうるセルフトーク、
セルフトークで次はこうすると切り替えるのが重要になります。

おわりに

改めてPX2の勉強をしてセルフトークやアファメーションの質を上げるキッカケになりました。

また先述のように義務教育を受ける子供が親の上に行くケースは起こりえないと思うので
子供だけでなく親世代もコーチングを学んだ方が良いかなとは思いました。

そして、自分が子がいる親ならどうするか?
子供の好きなようにやらすようにしたいが
そこには自己責任がつきまとうことは教えたいと思うようになりました。

sponsored link



sponsored link