一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

ジャンティエスコマチ ~天王町住宅街の洗練された西洋料理店~

time 2016/05/29

ジャンティエスコマチ ~天王町住宅街の洗練された西洋料理店~

新たな世界を見るべくお金を奮発して
ジャンティエス コマチ(Gentillesse KOMACHI)に行きました。

ちなみにジャンティエス(Gentillesse)は「おもてなし」という意味だそうです。





ジャンティエス コマチ(Gentillesse KOMACHI)

住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町3−7

ホームページ:http://www.gentillesse-komachi.com/

外観。木の塀に囲まれていて

周囲とは違うぞオーラがときはなたれています。

天王町の閑静な住宅街に
まさか洗練された高級料理店があるとはおもいつかないでしょう。

白と黒を基調としたお洒落な店内。

週末にかかわらず大人しく大人の空間している。

店の外と世界がえらくガラッとかわります。

さて何飲もうかしら。

食前酒ミモザ。

Dコース……13800円(テーラーメイドコース)

左手がクリームチーズとガーリックの和え物

右手がじゃがいもと海藻のスープ。

じゃがいもの深みのある味わい。

海藻をスープに入れるというのは斬新。

タコ、ホタテをグレープフルーツで味を整えたサラダ。

一個の料理に色んなエッセンスが統合されています。

お洒落な食器なのが目を引きます。

ヴェルタックス リースリング。

前菜のアスパラガスのパイ包みとフォワグラのポワレ。

ソースは赤ワインがベース。

北海道から空輸で取り寄せたアスパラガスとのこと。

ウニとアスパラのカルボナーラにガーリックトースト。

こちらも北海道産のウニとアスパラ。

ウニと相性が良いソース。

オマール海老のグリル。レモンソース和え。

メインディッシュの山形牛のステーキ。
周りに添えてある野菜も美味しいのですが、やはり器が素敵。

デザートのチーズケーキに幾つか果物、ソースを添えたもの。

マスターのこだわりを感じる一皿。

食後の紅茶。

レモンの香りが漂うハーブティー。

sponsored link

まとめ

細部まで行き届いた料理、サービスの良さで
まさに「ジャンティエス(おもてなし)」を体現しています。

ランチの「おもてなし」感もきになるところです。

横浜天王町周辺のお店




sponsored link



sponsored link