一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え、レビュー

time 2016/03/08

旺季志ずかさんのデビュー作を読み終え、レビューします。





臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

主人公のキラが自分が嫌われている理由や
行動出来ない理由を他責のものでなく自責のものである
現実=自分が思考している世界である、
と目覚めたあたりのくだりなど

今を生きる我々にも繋がる要素があるなと。

僕に照らし合わせると
動けない理由を自分で作ってたり
出来なかったとすると外的要因のせいにしたり

理論をある程度分かったつもりの今でもそういうところがある

「〜のつもり」だからこそ
こういうところが脱却出来てないんだろうなと。
あらためて気づかされます。

アドラー心理学やコーチング理論を知っていると
より頷けるかも。






sponsored link



sponsored link