一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

「24365を楽しむ」。聖地・西川口 JMatsuzaki 1stLiveで見い出した、たった一つの単純な答え。

time 2016/05/06

「24365を楽しむ」。聖地・西川口 JMatsuzaki 1stLiveで見い出した、たった一つの単純な答え。

ある者は好きな事でワークショップを開き

ある者は4ツ国へと旅立つ。

そんな自由の翼を手に入れた戦友たちを見て我何思ふ。





彼らが加速した自身の人生を歩んだ事を歓迎する半面

自分が現状の内側に未だにとどまる無念さと言う

相反する感情が同居していました。

嗚呼、またひとり取り残されてしまったのか?

嗚呼、自分には才覚が無いからと言ってその場で慟哭しかないのか?

嗚呼、運命の車輪を廻るハムスターでしかないのか?

嗚呼、あれだけ色んなセミナーに行ったのは何だったのだ?

旅立った戦友たちがとても眩しく映り、

わたしはただ一人

己の無力さを嘆いていました。

そんな有象無象、壊乱のヘビーローテーションの平日休日の繰り返しを過ごしてきたわたしに、

ある情報が降りてきた。

JMatsuzaki 1st Live

何か得るものが有ろうと思って足を運ぶことにした。

そしてあの伝説の地・西川口に足を運び

たった一つの単純な答えを見いだした。

それは

「24365を楽しもう。そして、たった2日しかない休日の為に残りの5日を棄てるのを辞めよう。」

先ずはこのたった一つの結論を

自分自身に対して誓う事にしました。

最早たったそれだけの理解だけだったが

何か一つしっくりくるものを理解しただけでも

それに要した時間や経費など安いもの。

わたしはあの日から

週のサイクルで同じような日が巡ってくるとしても

後ろ向きに考えるのは辞めました。

「どうすれば24365を楽しむことが出来ようか?」

望めばあとは勝手に

自分のマインドが自動操縦装置のごとく目的地まで連れてってくれることでしょう。

願いを叶える七つの玉は実在しないが

もし、やりたい事に対して、本気の本気で「そうしたい」と思っているのなら

蜘蛛の糸が陀多(カンダタ)を助けるが如く自由の翼が降りてくることでしょう。

関連記事:jMatsuzaki 1stライブ‼︎歴史的瞬間への立会い




sponsored link



sponsored link