一隼に翔ける!!

~直観と閃きの赴くままに壊進撃するハヤブサ系ブロガー・ファルコンの翔時間(ショウタイム)~

自己投資に、覚悟を問われる

time 2016/04/30

自己投資に、覚悟を問われる

最近自己投資をする機会と額が増えているので、

自己投資について思う事を書いてみました。

わたしもつい最近まで、親しい知人がセミナーの講師をやってるという理由で

何回かそういったセミナーに出るも、

受けた時はいい気持ちで終わって、それっきりでした。





仕事をする平日がしょうもないと思える時間ばかりで、

そんな仕事をしなくて済む土日祝日や平日のアフターファイブが待ち遠しく仕方ありませんでした。

わたしはその後も何度も何度も、セミナーに出ました。

その度に良い気持ちになって、わかっているかのように知ったつもりで入ったこともありました。

そういった何度も何度もの積み重ねが、

人生を変えるほどの選択肢を選べるに至っていない今にいる、というところに来ているのかなと思っています。

そんな日常が続いたある日、

人と出会って話すことで、自分が逃げている毎日を送っていることに気づかされ、

他セミナーと比較してお金が滅法掛る「コーチング」を体得するための投資を決意しました。

コーチングやコンサルの価格帯が高いのは、

ある種人生を変える影響力の強さゆえ

お金では測れない価値があるのと、

ある側面では人生を変える覚悟がある事を

お金で示せるか、というところにあると考えています。

それは、開催する側からしてみてもいくらお金を貰うとはいえ、

開催する側にも好影響を与えるであろう覚悟を持ってきた人の方が良いだろう。

セミナー受講する側としては支出が相当額なので、

本気になって学びに入り、出来る人はセミナー後すぐにでも理論を落とし込みます。

わたしの知っている人でも、家族が居るにもかかわらず、

コーチングにおよそ100万円程投資して、激変を果たしたのを見てきました。

そう、それだけの覚悟を持ってやって来たのです。

わたしもそうした人たちを見てきて、まだ覚悟の質量が足りていないと考えています。

わたしも成功の暁には

自分の自我が書き変わるほどの投資をするという決断は、

自我を書き換えてでも先へと進む覚悟があると言う、自分自身への誓いであり、誉れである

と力強く言えます。

掛った額うんぬんより、

その自我を書き換えるであろう投資の決断を、

どれだけ下したかの方に重きを置こうと思っています。




sponsored link



sponsored link